特集

ローストビーフ

商品のご紹介

  • ローストビーフ・ゴールド

    上質な和牛の旨みを最大限に引き立てた、贅沢な味わい。

    希少価値の高い高級なリブロース肉を使用し、香味野菜とスパイスを丁寧に染み込ませ、ベテランシェフが手塩にかけてロースト。香り高く、豊潤な味わいを楽しめます。



    グレービーソース・ゴールド

    牛肉の旨みをコンソメスープで引き出し、マディラワインと香味野菜で味と香りを整え、上品な味に仕上げています。

  • ローストビーフ

    王道を極めた、ローストビーフの本格派。

    最高級の銘柄和牛のランプ(モモ肉)を香味野菜とスパイスで香りづけし、じっくりとロースト。厳選した素材とこだわりの技で、シンプルに美味しさを追求しました。



    グレービーソース

    牛肉と香味野菜を長時間じっくりと煮込み、手間ひまかけて仕上げています。


よくある質問(FAQ)

  • Q.

    ローストビーフって、パサパサしてるイメージがあるけど?

    A.

    『竹福』では、リブロース、ランプ(モモ肉)の2タイプの肉でローストビーフをご用意しています。

    どちらも最高級の銘柄和牛で、とてもやわらかいのが特長です。じっくりと時間をかけて火を通すので、肉本来の旨みと肉汁を損なうことなく、美味しいローストビーフに仕上がります。

  • Q.

    ロースとランプの違いって?

    A.

    まずリブロース肉は、背中の肉にあたる部分の肉を指し、霜降りが入りやすいのが特長。

    きめ細かい肉質でやわらかく、旨みや甘みがつまっています。
    ランプはモモ肉の中でも脂肪が少なく、やわらかいのが特長で、一般的にローストビーフに適していると言われる部分です。
    舌ざわりがなめらかなリブロースと、旨みをじっくり噛みしめられるランプ、どちらもそれぞれ美味しさの魅力があり、人によって好みがわかれるところです。

  • Q.

    中が赤いけど、大丈夫?

    A.

    加熱をすると肉の中心部分は約60度ぐらいに達し、そこからさらにじっくりと時間をかけるので、通常の雑菌はしっかり死滅させることができます。きちんと熱は通っていますので、ご安心を。

    実はローストビーフは、熱をきちんと通しながら赤い色を保つのが難しいと言われますが、『竹福』では一流シェフの技により、表面はこんがりと中は赤めの食欲をそそる焼き色に仕上がっています。

  • Q.

    ハンバーグ、ローストビーフのほかにはどんな商品がある?

    A.

    『竹福』では、ステーキ、すきやき、しゃぶしゃぶ、焼肉など各種和牛商品のセットを取り揃えております。

    使用しているお肉は、もちろん、すべて最高級の銘柄和牛。上質な肉を独自のルートで仕入れ、匠の技で加工・調理できる私たちだからこそ、ここまで豊富なラインナップをご用意することができます。
    さらに詳しい商品内容は、『竹福』のオンラインショップをご確認ください。